感染をしない、させないために

性感染症 検査キット販売館

マスク・手洗い・うがいが予防の基本

インフルエンザは、感染者の咳やくしゃみ、つばなどに含まれるウイルスを、鼻や口から吸い込むことによって感染します(飛沫感染)。その他、つり革やドアノブなどウイルスが付着した物を触った手で口や目の粘膜に触れることでも感染すると考えられています(接触感染)。これらの感染を防ぐためには、マスクの着用や手洗い、うがいを励行しましょう。
人ごみなどへの外出、流行地への渡航を控えることも大事です。
 

マスク  

 ◎熱、咳、くしゃみ等の症状のある人には、必ずマスクを付けてもらう。
   このような人とどうしても合う場合には、マスクを付けることが大事です。
 ◎咳やくしゃみを押さえた手、鼻をかんだ手はすぐに洗うようにしましょう。

手洗い

 ◎水とせっけんを使って15秒以上洗うようにしましょう。
 ◎洗った手は水分を十分ふき取りましょう。
 ◎消毒用アルコール製剤を使えば、ウイルスは死滅します。(水分は拭き取ってから)
 

うがい

 ◎外出から帰ったときや、のどに不快感や炎症があるときはうがいをしましょう。
 
新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。