なぜ、新型インフルエンザが恐ろしいのか??

免疫がないため大流行・重症化

「新型インフルエンザ」とは、未知のウイルスによって引き起こされるインフルエンザのことです。免疫を持つ人がいないため大流行し、感染して人は重症化し、死者も多数に上がる。20世紀には新型インフルエンザの世界的大流行が3回ありました。1918年の「スペインかぜ」は、全世界で約4000万人、日本でも約39万人もの死者を出す大きな被害をもたらした。

新型インフルエンザが発生

新型インフルエンザは、動物のインフルエンザが、人の体内で増えることができるように変化し、人から人へ感染できるようになることで引き起こされる。鳥の間で流行した鳥インフルエンザ(H5N1)が、心配されましたが、豚由来のインフルエンザ(A/H1N1)の人への感染、人から人への感染が確認されたため新型インフルエンザの発生が宣言されたのです。

弱毒性でも油断はいけない

豚インフルエンザ(A/H1N1)は、毒性の低い「弱毒性」とされています。感染が広がっても被害は比較的軽いと見られていますが、ウイルスは常に変化しているため、今後、強い毒性をもつ可能性も否定できません。油断はできないので十分警戒しましょう。

新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。